2025年問題を踏まえ、通院可能層(1~69歳)の患者数が想定3割減、通院困難層(70歳以上)の
患者数が想定4割増という予測から外来患者が減る中で、歯科医院がどう経営を行っていくか?
その一つの解として訪問歯科が挙げられます。また、2018年の報酬改定後は院内の予防伸長を目的に、か強診の新基準をクリアするため、取組みを開始される医院様も多く御座います。
訪問歯科の対象は大きく介護施設と居宅に別れますが、居宅患者の獲得にはその紹介元となる
ケアマネージャーとの関係構築や、地域の競合医院との差別化が必須となります。
診療力強化や地域の介護職に対するブランディングをいかに行うか。
あくまで集患・増患に繋がる実践的なコンサルティングを行っております。

こんな課題をお持ちの方にオススメ

  • か強診の基準をクリアするため、訪問実績が必要と考えている
  • 訪問歯科を始めたいが、何から取り組めば良いかわからない
  • 介護保険や訪問診療に関する書類関係がわからない
  • ケアマネージャーにどうやってアプローチをすればよいか困っている

目標達成までのスケジュール

  1. STEP1

    • 周辺環境の現状分析及び課題検討
  2. STEP2

    • 訪問歯科・口腔ケア・食支援など各種研修による診療力強化
  3. STEP3

    • ケアマネアプローチに用いる各種ツールの整備
  4. STEP4

    • ケアマネアプローチ実践サポート

関連するコンサルティングパッケージ

食支援(摂食嚥下)導入でレセプト枚数UP!

ページのトップへ戻る